反骨を生きる

   明日への希望

 

 

迷い、悩み、苦しむから

明日に夢を持てるようになる。

良識のある大人になるよりも

お上に逆らい、世の中の常識を疑い

底辺であえぎ、もがき苦しむ人たちの

その姿を目に焼き付け

その声を耳で聞き

自分の肌で感じられなければ

あるべき未来の姿は見えてこない。

 

目を閉じたまま

耳を塞いだままで

何をしようとしているのか。

その昔、はかなく散ってしまった

戦い続けた仲間たちの

叶えられなかった夢に

光が当てられるまで

まだ歩みを止めてはならない。

それを君たちに引き継いでもらいたい。

そんな思いを受けてもらえるなら

その背中を押してあげよう。

自分の目で現実を見て、自分の耳で人々の声を直に聞く。それが反骨の始まり。

 

 

権力者は常に自分の都合にいいことしか言わない。それは歴史が証明している。偉大な人物であってもそれは同じ。大切なことは、常識を疑い、現実を直視していくことだ。世の中に埋もれることなく、今日を生きてゆく。そして明日に立ち向かう勇気を持とう。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now